沼田進学塾について

沼田進学塾について

1988年4月開塾。英数専門の進学塾として地域の皆様に高い評価をいただいています。一橋大や、東北大、名古屋大など、いわゆる旧帝大をはじめとした国公立大学、さらに慶応大、早稲田大、上智大などの難関私立大学に数多くの合格者(現役のみ)を輩出してきました。

沼田進学塾では次の2つの理念を実践することで大きな実績をあげています。

国公立大、難関私大を目指す生徒に少人数クラスで質の高い授業を提供

「分かりやすさ」の追求と「できる」へのこだわり

そして当塾は毎年、国公立大や難関私大合格者を多数輩出しています。これには他の塾では真似できない、長年かけて培った秘訣があります。


なぜ当塾は国公立大、難関私立大に強いのか?

★最も差がつく数学で圧倒的なノウハウ

なぜ沼田進学塾が国公立大、難関私立大に強いといわれるのでしょうか。
一番の理由は、当塾は特に数学指導に圧倒的なノウハウがあることです。
例えば当塾では河合塾模試の数学の偏差値70台(時には80台)も珍しいことではありません。

まず国公立大合格のためには文系理系問わず高い数学力が必要です。また私立文系の一般入試における数学選択は圧倒的に有利です(GMARCH、日東駒専レベルでは特に顕著です)。

当塾は開塾以来、30年以上培ってきた「なぜ」や「思考プロセス」を大切にした解説と、少人数クラスでのきめ細やかな指導で数学の力を大きく伸ばします。


★難関大で武器になる英語力の養成

数学だけではありません。受験の核である英語においても独自の指導で大きな成果を出しています。それは高い英語力が求められる早慶上智、MARCHなどの文系学部においても数多くの合格者を輩出していることで示されています。

中学生は英語力の土台となる文法をしっかりと学び、高校生には難関大においても通用する「本質的な英文の読み解き方」を徹底指導します。数学同様「なぜなのか」「どうすればその解答にたどり着くのか」を大切にした指導で、入試で大きな武器となる英語力を育成します。


※お気をつけください
当塾では映像授業も扱っているので言いにくいのですが、正直に言いまして、数学に関しては一方通行の映像授業ではなかなか力が伸びません。なぜなら映像授業では、数学を伸ばすために最重要の「思考過程のチェックや修正をその場で直接受けること」ができないからです。数学は暗記がメインはなく、論理的思考力の養成が非常に重要です。当塾では少人数での生徒さんとの双方向のやりとりを通じ、論理的思考力の育成に成果を上げています。

誤解を恐れず言いますと、数学においては映像授業と少人数対面授業は全くの別物です。例を挙げればスポーツのレッスン動画を見るのと、直接プロに見てもらい指導を受けるくらいの違いがあるとお考え下さい。


少人数対面授業について